NO IMAGE

本日の改訂から(2)

現伝の儒教が親孝行をうるさく言い出したのは、信じがたい偽善がはびこった後漢の時代で、親孝行そのものを言い出したのも、孔子没後345年の前...

NO IMAGE

本日の改訂から

こんにちの人文など、お笑い芸能と少しも変わらない芸の一種で、学問と言えるか疑わしい。 彼は、サイエンティフィック・アメリカン誌...

NO IMAGE

花粉症

原因不明ながら今年の花粉症は症状が重い。例年の対策であるアズレン系うがい薬と食塩による鼻うがいだけでは収まらず、やむを得ずアレグラと小青竜湯...

NO IMAGE

本日の改訂から

なお中国の古典では「過」の例として、「宋襄の仁」とバカにされた宋の襄公が挙げられている。 過而不改,又之,是謂之過。襄公之謂也。 ...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章も、おそらくは董仲舒による創作。儒者は論語の本章に関して、次のような解説を加えている。 曰然則婦人之仁匹夫之勇强弱不同而...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は、前漢の儒者があえて解読不能な章を論語にねじ込むことにより、利権の拡大を図った悪質な捏造。儒者が利益のためなら何でもする没義...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章に関して、古注はいつも通り本文の内容をアホウのように繰り返しているばかりで、全く読む意味が無い。新注に至ってはどういうわけか、...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章が、孔子の言葉ではないことは、上記の検証通りだが、役人が結託して利権の独占を図ったのは、古くとも史料上に見えるのが漢帝国成立以...

NO IMAGE

本日の改訂から

この世間師も、国家神道の中共版みたいなのをブログで振り回している。先の大戦時、中ソの捕虜収容所で真っ赤なデタラメを吹き込まれ、帰国後に日...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章に関して、古注で包咸は次のように書いている。 註苞氏曰君子之人但病無聖人之道不病人不知已也 注釈。包咸「君子の人は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク