一々迷惑

カラオケが好きでない。我から行こうとは思わない。歌うというのはごく個人的行為で、他者にとっては知らんがなである。見るもみっともないとしか思えない。見せても恥ずかしいとしか思えない。上手かろうと下手だろうと関係ない。そもそも私は玄人ではない。

それが分からんようになったら、私もいよいよ痴呆化したと覚悟するしかない。幼稚化も耄碌も同じ事である。だが生涯それが分からん人もいる。マル団とかに多い気がする。要するに世間から甘やかされたことしかない人たちだ。そして同じ事情が、組織や国家にもあてはまる。

米やら中やらは、病める時も健やかなる時も、終わる時まで一々迷惑だ。丁度このように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク