緑のたぬきが人を化かす

先ほどいつもの時間に買い物に出た所、食料品店は近郷近在のみなさんが押し寄せて殺気立っており、棚によっては王朝交代期の流民が通り過ぎたように、綺麗さっぱり無くなっている。袋ラーメン、レトルトカレー、ツナ缶など。一方ザワークラウトの瓶詰めは手つかずのまま。

もし「買いだめじゃー!」となったら、私なら真っ先に買い占めるのだが。世間ずれをして長いのに、世間とズレがますます激しい。加えて普段の食材は乾物が主流で、場所を取らないだけに、すでに半年分は買いだめがあるから、このけしきが奇異に思える。何だったかしら?

何事かと思い出せば今朝、外出禁止令のたぐいを言ったらしいとネットで見た。このメス狸が備蓄のマスクを援助とか言って、タダで呉れてやったことは忘れがたい。弁公室からいくら貰ったか知らないが、こんな売国奴に投げ票してしまったことを、私は今でも後悔している。

そんなことを思いつつ、カボチャといよかんを買って帰る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク