本日の投稿より

令和二年の現在、日本で論語の権威と言えば、全く裏付けの無い資格商売で世間から金を集めている加地伸行でなければ、とっくに死んでしまったが、徴兵を逃げ回って国外逃亡した吉川幸次郎ということになっている。その大部な『論語』は、今でも値が高い…。

https://hayaron.kyukyodo.work/yakusya/post-28700.html



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする