本日の改訂から

論語の本章は、論語子罕篇30をもとに、おそらく前漢の儒者がこしらえた贋作。「耐」の字の初出は始皇帝の統一前後に記された秦系戦国文字(睡虎地秦簡)で、ほぼ秦代と言って構わない。秦代の儒者は始皇帝が怖くて大人しくしていたから、こういう捏造をするとは思えない。

捏造の根本動機は、論語の後半になって元ネタが切れ、重複も恐れず膨らました結果だろうが、論語子罕篇とは物言いの順序が異なっている。

論語子罕篇
智者不惑、仁者不憂、勇者不懼。
智者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず。
論語憲問篇(本章)
仁者不憂、知者不惑、勇者不懼。
仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず。

両者の間に敢えて理屈を付けるとしたなら、孟子による「仁義」提唱以前の孔子の発言では、智者が最初に挙げられたのに対し、「仁義」以後の本章では、仁者が冒頭に挙げられた。これは単に漢儒の好みを反映しただけで、そこから意義を見出そうとするまでもあるまい。

なお「知」と「智」だが、論語の時代にはともに「𣉻」と書かれて区別が無い(→語釈)。

ただ気になるのは、漢儒が「重複を恐れなかった」こと。現伝論語の成立は前漢武帝期頃に始まるが、同時期に例えば『孔子家語』の原形は存在していたことが定州竹簡の発掘より分かっている。どうして『家語』からネタを取り出さなかったのか。儒者の派閥の影響だろうか。

今は何も言えないが、当時は資料にも選択肢があったことだけは確かだ。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/kenmon/362.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク