本日の改訂から

同じ古代帝国でも、ローマ帝国は市民に食糧の保障と皇帝への直訴権を与えていた。前後の漢帝国は法令上、奴隷身分を除く全成人男性が士分だったが、そのような権利は何も無い。春秋時代なら貴族だったはずの者が、納税や従軍の義務だけ課される、哀れな存在に過ぎない。

独裁政権の唯一の利点は、権力者がその気になりさえすれば、悪官吏を即座に退治できることだ。だが悪代官を許した上に追銭までやる黄門様が出る世の中は、庶民にとって地獄に他ならない。そして当の黄門様が、官吏仲間のなれ合いで自分の腹を肥やすとなればなおさらだ。

https://hayaron.kyukyodo.work/kaisetu/kyoutou_oroka.html



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする