昨日の改訂から

上掲現代中国での解釈で、「隱士」と書くのは些細ながら重大で、「隠者」でも「隠員」でもないからには、かつては役人として平民どもを土下座させていた、金に余裕の有る者の意。

文革期には決して許されない書き方で、これも現代中国をよく示している。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/bisi/468.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク