三国志の裏側

人類はシュメールの昔から、痛み止めをクスリとして使ってきた。孫権や司馬一族など、突然狂って国を滅ぼしたのと、華佗の麻沸散発明は無関係ではない。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする