本日の改訂から

董仲舒
論語の本章、「管仲之器小哉」は、春秋戦国の誰一人引用せず、再出は董仲舒の「春秋繁露」精華篇の4になる。論語の時代に存在しない文字、漢字の用法を合わせ考えると、いわゆる儒教の国教化を進めた董仲舒一派が、論語の本章を偽作したと考えるのが筋が通る。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/hatiitu/062.html



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする