火星語の同時通訳

ロシア海軍のキロ級通常型潜水艦と言えば、手堅い設計で旧ソ連以来長く建造されている傑作潜水艦である。インドがそれを買った所、不具合ばかり出たと...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

孔子の父は、魯国の代官という事になっているが、後世のでっち上げに過ぎない。ただ代々続く武人の家系だったようで、父も怪力無双の軍人として聞...

NO IMAGE

私は気が狂ったらしい

伽藍、縦建てん。 とぅるるっとぅるるっとぅるるっ。ぺっぺっぺー。 ぽぽー。チョッキ! チョッキ! チョッキチョッキ! うぉ~ぉ~...

NO IMAGE

論考を新規投稿

本論考は、『論語』の史実性について、その多分に疑わしい側面を書体の視点から検討したものである。合わせて、安易に児童生徒への教育や社会教育...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

論語講釈士記章について 論語講釈士の証、記章です。バッジなどの証がないとコドモすらだませないとのご不安に便乗して、製作し倒しました。論...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

しかし無理があると思ったので、訳者はこの解釈を取り下げた。かように古典の解釈は恥を恐れず、自前で崖にハーケンを打ち込むように、一歩一歩進...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

私は幸せになる方法を知りませんが、世界のごく一部である漢文界を材料に、不幸を避ける方法の一部は知っています。論語をタネにその一端を語ろう...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

これは有若だけの話ではなく、孔子にも多分にその傾向があり、後世の儒者たちも同じだった。それどころか現代の漢学者も同様で、学界の重鎮と言わ...

NO IMAGE

論語サイトを改訂中

なお論語の本章について、上掲、現代中国での解釈は、何を言っているのだろうか。 「礼法の実践は、仲良きことを重んじる。これは最もうるわし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク