NO IMAGE

本日の改訂

…歌舞伎「忠臣蔵」では、塩冶判官が勅使を「式台の上で待つべきか、下で待つべきか」を指導すべき高師直が、イジワルして教えなかったので「刃傷...

NO IMAGE

本日の改訂

…孔子にとって君子の確信的あるべき姿をも示していると読み取れる。それがすなわち…君子は世の中を領導する立場であり、「仕方がない」と言い訳...

NO IMAGE

本日の改訂

…漢語の文語は甲骨文の初めより、表意文字を使い筆写材料に資源労力がかかるという制約から、できるだけ字数を少なく簡潔に記すよう発達してきた...

NO IMAGE

本日の改訂

ただし通説が「不壯以位之、民不敬」で「之」=「民」としているのは全くの誤りで、以後の内容を指す機能を漢語の「之」は持っていない。このデタラメ...

NO IMAGE

本日の改訂(2)

…日本伝承本では、文明本が勝手な書き換えをしている例がちらほらあるので、筆写した本願寺坊主の人品を論語という「道が広げるわけではない」と...

NO IMAGE

本日の改訂

…水増しふくらし粉だらけの論語より、よほど現代人の心に突き刺さる話が、他学派の言葉にあったりする。それが漢文を読めることのご褒美の一つで...

NO IMAGE

本日の改訂

…情報が決定的に失われている中で、つじつまを合わせようとする努力そのものが馬鹿らしいのかも知れない…。

//アドセンスコード