本日の改訂

…『水滸伝』に、当代きってのランナー、神行太保戴宗がいるが、地方の牢屋役人をしていた。役人と言っても軍人と並び最下級で、科挙合格者の機嫌一つで文字通り首が飛ぶ、哀れな存在に過ぎない。戴宗もけっきょくはそういう目に遭い、梁山泊に入った…。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/sensin/272.html#yowa



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする