本日の改訂

もし道も見つからず水も見つからずでは、管仲以下斉の全軍は、あわれ満洲の曠野でむくろをさらす所だった。そんな管仲が論語の本章のような贅沢三昧にふけっても、桓公はとがめなかった。管仲をしっかと政治上の天秤にかけて「よし」と判断したわけで、バカ殿に出来る芸当ではない。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/hatiitu/062.html#kaisetu



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

//アドセンスコード