カーシャを煮る

久しぶりにとっときのソバの実でカーシャを煮た。ちゃんと煮る前にから煎りして、はじけさせて。

年単位の当分先までソバの実が安価に買えなくなるだろうのは明らかだが、だからといっってわずかな蓄えを後生大事に取っておいても、実がまずくなってしまうだけだからだ。つまりその、ソバが高いという現実を受け入れたくないわがままに過ぎない。

ソバ粉はブランだけ(いわゆる藪ソバ粉)でも10kg単位で7K円ほどする。挽きぐるみ粉(更科よりちょっと色のついたの)だとさらに千円だ。エンバク以上に、ソバは庶民の食べ物ではなくなった。カーシャはうまいが、もうごちそうとして扱っていいかもしれない。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする