文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂から

楚の霊王は気ままに家臣を殺しておきながら、その氏族の復讐を警戒しなかったため、近臣にもそっぽを向かれて、逃亡の果てに自分で縊れ死んだ。乾...

NO IMAGE

昨日の改訂から

由・求・赤 ↓↓↓↓ それぞれ子路、冉有、公西華のいみ名だが、曽点は偉そうに、三人まとめて呼び捨てにしている。史実だったら大...

NO IMAGE

本日の改訂から

詳しくは次回に述べるが、世代的に曽子の実情をギリギリ知っていたと思われる孟子(→孔門十哲の謎)は、おやじの曽点を馬鹿者として記しており、...

NO IMAGE

本日の改訂から

曾皙/曽皙 本章の事実上の主人公。曽子の父という事になっており、息子と共に孔子の弟子だったとされる。しかし曽子がそもそも孔子の弟子...

NO IMAGE

本日の改訂から

なおこの「伝」については異説がある。後漢の王充は『論衡』で、「宣帝が古論語を解読しろと太常博士に命じたが、”わかりません”と突き返した。...

NO IMAGE

本日の改訂から

なおはぐれていた顔回が、どうして孔子の生存を信じられたかについて、儒者派興味を持って考証したようで、『論語集釋』によれば、『礼記』檀弓篇...

NO IMAGE

本日の改訂から

なお上記した新注儒者の頭がアレなことについて、日本では今なお新注を担ぎ回っているバカ者が学界のボスだったりするが、本家中国ではとうの昔に...

NO IMAGE

本日の改訂から

ともあれ新税法は『左伝』によると、翌年実施された。孔子の真意は分からない。あるいは左伝をも含めて、新税制に反対したというのが偽作かも知れ...

NO IMAGE

本日の改訂から

子貢が問うた。「子張と子夏はどちらが仕事が出来るでしょうか?」孔子が言った。「子張はやること全てやり過ぎ、子夏はすべて程度がやや足りない...

NO IMAGE

本日の改訂から

以上、何を言いたいかと言えば、文字が新しいことから分かるように、世の漢学教授がペラペラと見てきたかのように述べ立てる儒教的死生観なるもの...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク