文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂から

「彼は人物だ」と聞いて、”その男はヒトである”と理解する者はまずいない。A→Bで、かつA=Bである場合、聞き手はAとBの間に、何らかの違...

NO IMAGE

本日の投稿から

韓簡「殿が亡命されたときには秦の世話になり、帰国して即位したときにも秦の世話になり、日照りの時にも秦の世話になりました。三度おかげを被っ...

NO IMAGE

本日の投稿から

旧説を大幅に改めたため、現代語訳のページは本ページと整合するよう、追って改訂中。必ずしも本ページの解釈とそぐわない場合があります。 論...

NO IMAGE

本日の改訂から

吉川の目には、孔子がただの好々爺に見えるらしい。とんでもない、孔子は政策実現のためならば、ためらわず陰謀をたくましくし(『墨子』非儒篇)...

NO IMAGE

本日の投稿から

音通とは、同音や近音の漢字を、別の意味に転用すること。仮借カシャ”仮かりて借りる”とも言う。その発生は、言葉は野放図に人間の口から生まれ...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は、仮に史実でなかったとしても、論語を読もうとする現代人にとって、必須の警告を与えている。本章は、小人と君子の違いをうるさく言...

NO IMAGE

燃えろ大仏

ネットで読める日中の学術論文を、見つけるたびちょぼちょぼと読んでいくうちに、『定州論語』の存在を知った。前漢宣帝期の中山王の墓から出てきた竹...

NO IMAGE

本日の改訂から

従来訳のような解釈は、頭のおかしな爺さんが、気の狂った自慢をしているとしか聞こえない。間違いの元は、孔子が人格者だなどという、儒者のでっ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク