本日の改訂

…夜空に明かりを向けるとき、この明かりはどうなるのだろうと考える事がある。光子は質量を持たないと聞くが、空間/時間=速度という物理量は持っている。物理量は消滅しないと中学で教わった。訳者にはか細い光しか作れないが、永遠にこの光は進んでいくのだろうか。

藤堂先生の字書に拠れば、漢語で空間を宇といい、時間を宙という。ならば白楽天「長恨歌」にいう「宇を御すること多年」とは唐帝国の国土を統べることになる。ところが宇宙の語義は「いれかわ」るとの説もある。人間が時間を支配するなど空間以上の思い上がりと恐ろしくなる…。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/sikan/224.html#yowa



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする