本日の改訂

之を道びくに

…だから日本の平安朝が、行政の長たる左右大臣を中国風にボク(次官)と呼んだのに対し、臨時議員に過ぎない参議を宰相と呼んだのは、官位のねじれに見えて実はそうでもない。日本の教科書で「律令国家」とされる隋唐帝国も、出鼻から令外官だらけだったからだ。

僕射の「僕」を「しもべ」と訓読されることがあるように、もとは君主の警護役のうち、弓術を得意とする者の意だった。これもまた秦代になって次官を意味するようになったのだが、秦漢帝国のうちはあくまで次官で、それが隋唐帝国になって事実上の宰相に成り上がった…。

https://hayaron.kyukyodo.work/syokai/sikan/211a.html#yowa



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする