文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂

…魅力を感じても、皆が愚劣な回し者になるわけではないだろうに。つまり勢力は人類を信頼せず、自分らだけが賢いと思っている。その通りかも知れ...

NO IMAGE

本日の改訂

…囗歌曲の美しさは、むかしビザンツから正教会を受け入れたたために、楽器を使わない聖歌が普及したからだとあるのを読んだことがある。もっとも...

NO IMAGE

本日の改訂

…中途半端に生物学をかじった者が、人間は遺伝子の情報量が多いから偉いのだ、と嬉しそうに語るのを聞いたことがある。実はゲノムの規模は人間よ...

NO IMAGE

本日の改訂

…「三字経」は改訂を繰り返して中華民国でも用いられた。王莽についてこれが何を意味するかと言えば、まだものに判断が付かない子供に、「王莽は...

NO IMAGE

本日の改訂

…「出来る」を武道で言えばまず歩き方の困難を克服しなければならないが、武道らしく歩けるようになったとき、世界がまるで違って見える。それ以...

NO IMAGE

本日の改訂

…この時山本は…南雲の敗北を聞いてすごすごと帰ってしまった。「航空援護が無いから帰った」とは役人的言い訳に過ぎず、しかもそれすら山本と帝...

NO IMAGE

本日の改訂

…論語の本章「洋々乎として耳にみてるかな」は、あるいは語学を学ぼうとする人にとってよいきっかけになるかも知れない…。

NO IMAGE

本日の改訂2

…中国では古代から今に至るまで、政治家と役人の境界線ははなはだ曖昧だから、儲からなければお役目大事とは心得ず、儲かるなら他人の仕事にバン...

NO IMAGE

本日の改訂

…范雎は魏の出身、学問を修めたが仕官先が無く、やむなく外交官の須シュ賈カの従者になった。須賈が斉国に使いしたとき供をして、斉王に仕官を勧...

//アドセンスコード