文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂より

同じ古注の論語公冶長篇3、瑚璉の章には、以下の通りある。 江熙云瑚璉置宗廟則為貴器然不周於民用也汝言語之士束脩廊廟則為豪秀然未必能幹煩...

NO IMAGE

本日の改訂から

喜 論語の本章では”よろこぶ”。藤堂説も白川説も、原義は神を喜ばせるために、お供えをして太鼓をドンドン打って祈るさまとしており、人が喜...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は上掲の通り、「譲」を「襄」として無理やり史実という理屈が付けられなくも無いが、おそらく意味が無いだろう。というのも、孔子在世...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の時代、現代のようなな国境線が引けるような土木・交通技術力は無かった。各諸侯国は、平原に点在する都市国家や村落=邑の連合体であり、飛...

NO IMAGE

本日の投稿より

令和二年の現在、日本で論語の権威と言えば、全く裏付けの無い資格商売で世間から金を集めている加地伸行でなければ、とっくに死んでしまったが、...

NO IMAGE

本日の改訂から

はるかな後世、新井白石がシドッチに、神などおらんと明確に言えたのも、儒学者ならではのことである。白石が依った理気論もまた、宋学がでっち上...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章の解釈は、吉川を含めこれまでの「論語の権威」が、みな「難解である」と匙を投げた。だが丁寧に本章から始まる章を読んでいけば、孔子...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は、「仁」の定義である「礼」の基本が、腰を低くし、親しい人を無くした人に同情することだと答えたのだが、それゆえに後世、「仁」=...

NO IMAGE

本日の改訂から

孔子の生きた時代は、思いのほか社会の躍動期で、平和や安定とは言いがたかったが、能力ある者に出世のチャンスが広がった時代でもある。巫女であ...

NO IMAGE

本日の改訂から

本章の特徴と言えば、実在も怪しい有若が、開祖級の敬称で呼ばれていること、孔子が説きもしなかった、身分秩序を強調したことが言えるだろう。た...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク