文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂から

条件の厳しい野営の経験者には同意して貰えると思うが、ちゃちなナイフに重ナイフの仕事をさせれば簡単に欠けるしたいてい折れるし、重ナイフ...

NO IMAGE

本日の改訂から

ただし根城破壊と貴族の不満は、少し説明がいる。三桓と総称される魯国の門閥家老三家は、国都曲阜を離れた場所に、それぞれ根拠地となる城郭...

NO IMAGE

本日の改訂から

定州漢墓竹簡『論語』の記載が正しければ、簡ふだ553号に記された本章は下記の通り。 …………………………………………三人焉簡553号 ...

NO IMAGE

本日の改訂から(2)

以前、短波ラジオを前にゲラゲラ笑ったことがある。「チョソンちんみんはキムチの漬け込みを始めました。」朝鮮人がキムチを漬けるのは当たり前だ...

NO IMAGE

本日の改訂から

あるいは四十ほどで中堅官僚として生活していた頃の言葉だろうか。そこそこ弟子が集まり始めた時期で、そうなるとこれは孔子の豪語となる。とても...

NO IMAGE

本日の改訂から(2)

論語の本章の史実性は、上記「女子」「小人」の語義について孔子生前の言葉とは思えないこと、定州竹簡論語から欠けていること、句末で「也」を用...

NO IMAGE

本日の改訂から

なお清儒の黄式三は論語の本章にこと寄せて次のように書いている。大した事は言っていないが、枯れ木も山の賑わいなので載せておく。 集注...

NO IMAGE

本日の改訂から(2)

儒家に対する現代の常識とはうらはらに、孔子生前の一門は、本を読んだり説教をしたりするだけの文弱集団ではなかった。むしろ武闘派の集団で、こ...

NO IMAGE

本日の改訂から

これもまた白川博士の勝手な妄想と言うべきで、史料的根拠はかすかしかない。史実はそうでなく、孔子は若き日の屈辱を忘れはしなかったろうが、と...

NO IMAGE

本日の改訂から

博奕→博亦 論語の本章では”碁を打つ”・”双六をして遊ぶ”とお上品に古来解する。しかし「博奕」の読みに「バクチ」があるように、”くじ引...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク