文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂から

燧 論語の時代の火起こし事情については、鉄器の普及や石器の発達いかんによって変わってくる。フリントと鉄片があったとすると火打ち金による...

NO IMAGE

本日の改訂から

孺悲→儒悲 定州竹簡論語を参照すれば何のことは無い、孔子のもと同業者。「儒」とは孔子の開学以前、迷信を世の人に吹き込んで世渡りする、い...

NO IMAGE

本日の改訂から

孔子が生前、「鄭の音楽はみだらだ」と言った証拠はただの一つも無く、論語衛霊公篇11に「鄭声は淫らなり」とあるのも前漢帝国の儒者によるでっ...

NO IMAGE

本日の改訂から

ただ武内博士の研究はあまりに古く、定州竹簡論語の存在すら知られていなかった時代で、すでに価値を失っている。 だから重複の理由は知りよう...

NO IMAGE

本日の改訂から

→ それはさておき、論語の本章に話を戻すと、現伝の論語と定州竹簡論語では孔子の発言は異なり、上の句”受け売りをするな”は同じだが、...

NO IMAGE

本日の改訂から

仮に論語の本章が史実とする。政界から引退した孔子に、「もう政治には関わらないのですか」と聞かれて、孔子は古典を引用して返答にしたのだ...

NO IMAGE

本日の改訂から

訳者は若い頃、論語の本章のような人間を山ほど見てきた。商売人にこのようなやからは一人も見ず、いれば必ず役人とか、教師とかの、いわゆるちん...

NO IMAGE

本日の改訂から

帛→白 定州竹簡論語の「白」bʰăk(入)を解釈するのは容易ではない。まず『大漢和辞典』に”絹”の語釈は載っていない。次に『春秋...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク