文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章と似た表現は、複数の章で出てくる。 貧而無諂、富而無驕、何如。(論語学而篇15)* ”貧乏でも卑屈にならず、富ん...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は、偽作した漢帝国の儒者官僚にとって無関係に見えてそうでない。行政手続きを煩雑化することが、彼らに職を与えることになったし、細...

NO IMAGE

昨日の改訂から

論語の「君子・小人」という言葉は「仁」同様、広く誤訳された言葉の一つで、孔子生前ではあくまで、貴族と庶民を意味しているに過ぎない。だから...

NO IMAGE

本日の改訂から

ただし上記の通り、論語の本章は文字史的には孔子の発言を疑えないものの、後漢滅亡後につけ加えられた可能性が高く、後漢末から三国へと至る、信...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章の後世成立説に対して、『史記』弟子伝が本章と次章を共に「子思」=原憲の発言としているので、定州竹簡論語の本章部分が失われた可能...

NO IMAGE

本日の改訂から

論語の本章は、おそらく後漢末期以降につけ加えられたもの。理由の一つは、定州竹簡論語に無いことであり、もう一つは、漢の高祖劉邦の「邦」の字...

NO IMAGE

本日の改訂から(2)

ウソだと思うなら、羅山の付けた訓点に従って、漢籍を読んでみるといい。まず日本語にはならない。要するに羅山は日本儒者の元締めの地位を死...

NO IMAGE

本日の改訂から

切(セツ)→(ホウ) 論語の本章では”心のこもった言葉”。 定州竹簡論語の「」は『大漢和辞典』にも記載が無く、「切」の異体字と解...

NO IMAGE

本日の改訂から

従って論語の本章は前章と同様、君子を持ち上げ小人をけなしてはいるものの、史実と言ってよいと思う。孔子が新弟子に「小人としての君はこうだっ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク