文化一覧

NO IMAGE

本日の改訂

…それまでにも、春秋の軍隊に歩兵がいないわけではなかった。『春秋左氏伝』で「卒乗」とあるのは、「卒」”歩兵”と「乗」”戦車兵”の総称...

NO IMAGE

本日の改訂

…これは古代中華文明が築造技術で劣っていたと言うよりも、多分に地球物理的要因による。セメントは消石灰と火成岩の一種を混ぜて作るのだが...

NO IMAGE

本日の改訂

…試験秀才が馬鹿になるのは、世間という元データに当たらないことにあり、勝手な思い込みが思い通りいかないと、全部他人のせいにする。だか...

NO IMAGE

本日の改訂

…日本人は西田幾多郎や真っ赤な連中のおかげで、わけのわからない事を書く者を詐欺師と見なしてよいという知恵を獲得したが、とりわけ文系諸...

NO IMAGE

本日の改訂

…『水滸伝』と『笑府』を読み終えてから論語を読み直すと、まるで違って読めるはずだ。つまり世間師のデタラメに振り回されず、自分で判読で...

NO IMAGE

本日の改訂

…だが暴徒は元は気が弱く運の悪い、どこにでもいる百姓でもある。たぶん世界のどこでも同じだろうが、図々しくないから暴徒に身を落としたの...

NO IMAGE

本日の改訂

…豆を除く穀物で唯一イネ科でなくタデ科のソバは、中国南部が原産とされる。乾燥した亜寒帯を好んで育つソバが、囗シア人の常食になったのは...

NO IMAGE

本日の改訂

…おおかたの日本人なら、「正直じいさんポチ連れて、裏の畑を掘ったれば」と聞けば、「大判小判がざっくざく」と歌を続けることが出来るが、...

NO IMAGE

本日の改訂

…論語の本章も訳者の個人的感想を言えば、後世の偽作を思う。閲覧者諸賢はどう思われるか、宰相格の孔子の縁戚になるのには、三度古い歌を歌...

//アドセンスコード